菊地監督から引き継いだバトンを手に頂点でフィニッシュを迎えたい