/私が彼の名前を呼んだかのように/私のこの色と香りにふさわしい/誰が私の名前を呼び寄せる